元「メガデス」メンザさん死去 マーティ・フリードマンが追悼

[ 2016年5月22日 22:15 ]

 メタリカ、スレイヤー、アンスラックスと並ぶ「スラッシュメタル四天王」の1つとして知られるヘビーメタルバンド「メガデス」の黄金期を支えたドラマー、ニック・メンザさんが21日、亡くなった。米メディアが報じた。

 ロサンゼルスで自身のバンド「OHM」のライブ中に心臓発作に見舞われたという。
 
 「メガデス」には1989~98年に在籍。グラミー賞にノミネートされたアルバム「ラスト・イン・ピース」(90年)などに参加した。

 メンザさんと同時期に「メガデス」の全盛期を過ごしたギタリスト、マーティ・フリードマン(53)はフェイスブックで「ニック・メンザは偉大でユニークなドラマーだった。信頼できる友人、陽気なバンドメイトだけでなく、非常に愛情のある父親だった。RIP Brother」と追悼した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年5月22日のニュース