×

関西大学野球リーグ

【近畿学生野球のキーマン】神戸大・大倉投手&石井内野手 上位進出果たし笑顔で終わる

[ 2020年9月4日 06:04 ]

神戸大をまとめる主将の石井(左)と主戦を担う大倉
Photo By スポニチ

 コロナ禍で失われた「春」を無駄にはしない。神戸大の中軸を担う主将の石井は、課題だった打撃をフォームから見直し、新たなスタイルを手に入れた。

 「体幹を意識し軸回転で打つことでボールを呼び込めるようになり、体が突っ込むこともなくなった」

 ヒントは意外なところにあった。ゴルフ好きなアルバイト先の上司と話す中で凡打した時の指摘が的を射ていたことからゴルフ動画をチェック。スイングこそ野球と異なるが確実にミートし遠くに飛ばす目的は同じ。脱力しインパクトの瞬間だけ力を入れることで「開眼」した。

 桐蔭では15年選抜に「2番二塁」で出場し初戦敗退した今治西戦では1安打。「いい思い出ではない」と言うだけに「好きな野球ができる。うちはドラマチックなことが好きなんで」と昨秋5位からの下克上を狙う。

 主戦右腕の大倉は「一度引退した感じになり“ああやっておけばよかった”と、いい意味で野球を見直す時間ができた。どうやって勝とうかと」と不敵に笑った。郡山3年夏の奈良大会準決勝で同年選抜優勝の智弁学園と対戦。2点リードで救援したが延長の末に敗戦投手となった。一年に一度VTRを見ることで自分を戒め、成長への糧にしてきた。

 7月下旬からの活動再開にあたり、中井明則監督は「チームの運営面で尽力してくれた」と主務を務める梨木柚紀(4年)の働きに感謝する。「春のリーグ戦がなくなり4回生みんなとはしゃぐことができない寂しさがあった」と振り返る大倉は「勝つための投球をする」と宣言。集大成の秋、全員で笑って終わる。(吉村 貢司)

●神戸大予想オーダー● 
(9)市 川(3=奈   良)
(5)伊 藤(3=奈良女子大付)
(4)石 井(4=桐   蔭)
(3)中 山(4=四 條 畷)
(8)岩 岡(3=膳   所)
DH 野 田(2=修   道)
(7)梶 野(4=瑞   陵)
(2)大 室(3=基   町)
(6)井 上(4=畝   傍)
 P 大 倉(4=郡   山)

続きを表示

バックナンバー

もっと見る