日本ハム・新庄監督「いっつも打てん…金村くんの時は」清宮を1番に「ダメでしたね。ダメ…僕のミスです」

[ 2024年6月25日 21:56 ]

パ・リーグ   日本ハム0―1西武 ( 2024年6月25日    ベルーナD )

<西・日>8回、選手交代を告げる新庄監督 (撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 日本ハムの新庄剛志監督(52)は25日、西武戦(ベルーナD)に0ー1で敗れ「つくってくれたのにね、金村くんがね、試合を。いっつも打てん…金村くんの時は」と7回1失点と力投を見せた先発の金村を気遣い、援護できなかった打線を嘆いた。

 0―1で迎えた6回。1死から水谷が二塁打で出塁すると、死球と四球で1死満塁のチャンスをつくる。しかし、レイエスが二ゴロ併殺打に倒れ無得点。この場面に「あのダブルプレーが痛かったね。あれをいつも普通のようにセンターフライ。ね、センターフライでアウトになっている打ち方をしてくれたら、また試合がガラッと変わったんで」と悔しそうな表情で語った。

 清宮を1番にに据えた一戦。「ダメでしたね。ダメでした。僕のミスです。期待してね、いつも組んでるんでね。で、成功しなかったら僕のミスなんで。また考えます」と苦笑い。ベンチ外だった松本剛については「なんか胃がね、おかしくて。なんか体調不良。まあでも、彼本人も悩んでたし、1回ちょっと疲れている体を休んでもらって。で、ファームの方で打席の感覚を10日間だけ行かして、また戻そうかなと」と明かした。

 代わりに「浅間くん」を上げると明言した指揮官。「今日(2軍で)完璧なホームラン打ったし。で、明日、武内くんっていうね。ちょっとまた考えないと」と笑った。また、昇格した斎藤友貴哉については「いや普通に、ファームから斎藤君がいいっていう報告を受けて、じゃあ行きましょうかと…ぐらいですね。今日は何も語れるところない」と言って球場を後にした。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年6月25日のニュース