西武 若林と緊急トレードで巨人・松原獲得!低迷脱出へ新リードオフマン候補

[ 2024年6月25日 05:30 ]

巨人・松原(左)と西武・若林
Photo By スポニチ

 最下位に沈む西武がついに動いた。24日、巨人・松原聖弥外野手(29)を若林楽人外野手(26)との交換トレードで獲得。開幕後のトレードは12球団初でこの日、両球団が発表した。

 今季ワーストタイの借金26と低迷する最大の課題は貧打だった。チーム打率・201、148得点はともに12球団ワースト。21日のオリックス戦で3試合連続零敗を喫し、32イニング連続無得点の球団ワースト記録も更新した。得点力不足は深刻で、特に1番打者の打率・184、出塁率・244もリーグワースト。1番を含めた上位を打つことができ、レギュラーが定まらない外野の一角として実績ある松原に白羽の矢が立った。

 外野レギュラーの3枠が白紙でスタートした今季。メジャー通算27発の新外国人コルデロは2軍調整中で、22年ドラフト1位の蛭間は左手首痛で離脱した。若手も伸び悩み、40歳の中村剛、栗山が守備に就くほどで渡辺監督代行兼GMは「もっと若手が頑張らないと強くならない」と奮起を求めていた。松原はプロ最多の135試合に出場した21年にチームトップの77試合で1番を務め、打率・274、12本塁、37打点をマーク。新天地では固定できていない1番打者を担う可能性もある。この日、川崎市のジャイアンツ球場にあいさつと荷物整理に訪れ「チャンスと捉えてやるしかない。早くなじんで一試合でも多く勝ちに貢献できるように頑張ります」と決意を新たにした。

 成績不振で松井監督が休養し、再建を目指す渡辺監督代行兼GM。巻き返しへ、まず一手を打った。

 ◇若林 楽人(わかばやし・がくと)1998年(平10)4月13日生まれ、北海道出身の26歳。駒大苫小牧から駒大を経て20年ドラフト4位で西武入り。通算成績は127試合で打率.230、6本塁打、25打点、29盗塁。1メートル77、75キロ。右投げ右打ち。

 ◇松原 聖弥(まつばら・せいや)1995年(平7)1月26日生まれ、大阪府出身の29歳。仙台育英から明星大を経て16年育成ドラフト5位で巨人入り。通算成績は301試合で打率.250、15本塁打、62打点、29盗塁。1メートル73、74キロ。右投げ左打ち。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年6月25日のニュース