メッツ・千賀 ライブBP登板で順調22球 メンドサ監督「“本当に調子が良い”と言っていた」

[ 2024年6月25日 01:30 ]

メッツ・千賀
Photo By スポニチ

 右肩を痛めて60日間の負傷者リスト(IL)に入っているメッツ・千賀が23日(日本時間24日)、フロリダ州の球団施設で実戦形式の打撃練習(ライブBP)に登板して22球を投げた。球団公式サイトが伝えた。

 カルロス・メンドサ監督は「全ての球を使い切り、“本当に調子が良い”と言っていた」と語り、今後はニューヨークに戻ってチームに合流。週末までに再度、ライブBPに登板する見込み。2年目の今季は2月のキャンプ中に右肩を痛め、復帰は7月の球宴後の後半戦になる見通しだ。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年6月25日のニュース