巨人の“二刀流”山崎伊織 圧巻の8回2安打1失点&自らV打 “地方の鬼”は昨年から地方で5連勝

[ 2024年6月25日 20:49 ]

セ・リーグ   巨人3―2DeNA ( 2024年6月25日    ハードオフ新潟 )

<D・巨(9)>2回を抑え、岸田(右)とグータッチする山崎伊(撮影・藤山 由理)
Photo By スポニチ

 巨人の4年目右腕・山崎伊織投手(25)が25日に出場選手登録され、同日のDeNA戦(ハードオフ新潟)で今季12度目の先発登板。今季2度目の完投勝利こそ逃したものの、8回2安打1失点と好投して2試合ぶりとなる今季6勝目(1敗)をマークした。DeNA戦はカード別最多の通算9勝目(3敗)。

 この日も岸田とバッテリーを組んでマウンドへ。11日の前回登板後は登板機会がないため13日に一度登録抹消となり、中13日と間隔があいたが、そこはやはり“地方の鬼”だった。

 初回から152キロを計測し、4回まで完全投球。1―0で迎えた5回、先頭の4番・牧にこの試合初の被安打となる左翼線二塁打を許し、1死後、宮崎に中前適時打されて追いつかれたが、1―1で迎えた7回には1死二塁のチャンスに自ら右中間突破の勝ち越し二塁打を放ち、これが決勝点となった。

 これで地方球場では今季4戦4勝で、昨年から5連勝。地方球場で同一シーズンに4戦4勝は、球団では2013年の内海哲也(現投手コーチ)以来11年ぶりとなった。

 DeNA相手には、5月14日に富山で7回5安打1失点と好投して勝利投手となっているが、新潟では2022年5月10日に6回6安打3失点でプロ初黒星を喫している。それだけに悔しい記憶を自らの投球と、そしてバットでも塗り替える一戦となった。

 投球内容は8回で打者26人に対して106球を投げ、2安打1失点。3三振を奪い、与えた四球は1つ、直球の最速は152キロだった。

 山崎伊は前回登板した11日の楽天戦(楽天モバイル)では打線の援護にも助けられて7回8安打2失点(自責1)と苦しみながらも踏ん張り、今季6勝目の権利を得て降板。だが、リリーフ陣が打たれてチームは逆転サヨナラ負けを喫し、白星を逃していた。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年6月25日のニュース