日本ハム・金村 25日の西武戦で先発転向後初白星狙う!同学年の水野は長期離脱中「水野の分も」

[ 2024年6月25日 06:00 ]

日本ハム・金村
Photo By スポニチ

 日本ハム・金村が先発転向後の初勝利を懸け、25日の西武戦(ベルーナ)に先発する。5月24日の楽天戦から4試合連続のクオリティースタート(QS=6回以上自責3以下)も、白星に恵まれない日々が続く。それでも2年目右腕は「良い投球をすればおのずと勝利は見えてくる。自分の投球をして、ゲームをつくれるように」と見据えた。

 制球を武器にする金村だが、ここまで4試合連続で本塁打を浴びている。ゾーンに甘く入ったところを痛打されているだけに「やっぱりホームランバッターと対戦する時は一発は注意しないといけない。走者を背負っての投球は意識してやっていければ」と警戒を口にした。

 21日の楽天戦で同学年の水野が右足首を負傷し、ゲーム復帰まで4~6週間の見通しと発表された。自身もプロ1年目の昨季に右肩負傷で長期離脱を経験しているだけに「水野も悔しいと思うが、僕も昨年は頑張っている同学年を見て頑張れた。僕もそういう存在になれればと思いますし、水野の分も頑張りたい」と力をこめる。仲間の思いも背負って、金村は腕を振る。(清藤 駿太)

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年6月25日のニュース