オリックス 25日からのソフトバンク3連戦は曽谷→東→宮城 曽谷「勝っていきたい」

[ 2024年6月25日 05:20 ]

オリックス・曽谷
Photo By スポニチ

 きょう25日から、13・5ゲーム差で追う首位・ソフトバンクを本拠地・京セラドームで迎え撃つオリックスは、強力な先発3枚を立て、奇跡の逆転優勝への道を切り開く。

 先鋒(せんぽう)を託されたのは、2年目の曽谷だ。前回登板の11日阪神戦では自己最多となる12奪三振を記録するなど、6回無失点で4勝目をマーク。目下13イニング連続無失点中の左腕は、前回同様にカード頭の登板を担い「首位相手ですし、1つでもゲーム差を縮めるために頭のカードをしっかり自分が勝っていきたい」と強い決意を示した。

 さらに2戦目以降はここまで9試合登板で3勝(3敗)ながら防御率2・35を誇る東、左大胸筋の筋挫傷からの復帰登板となる宮城を投入する見込みだ。21日の1軍合流時に「できることをしっかり全力でやるだけです」と、5月8日以来の1軍マウンドを見据えていたエース左腕も帰還する強力先発陣の粘りをベースに、はるか先の鷹の背中を追う。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年6月25日のニュース