オリ・曽谷が痛恨 犠打処理の一塁送球が逸れ、打者走者に本塁生還を許す 5回まで1失点も…

[ 2024年6月25日 19:32 ]

パ・リーグ   オリックス-ソフトバンク ( 2024年6月25日    京セラD )

<オ・ソ>6回、自らの悪送球で追加点を許した曽谷(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 オリックス・曽谷が自らの痛恨の悪送球により追加点を許した。

 6回先頭の周東に中前打を浴びると、続く今宮の犠打を自ら処理した際に一塁への送球が二塁方向に若干、逸れた。

 右翼の森もカバーが間に合わず白球が右翼フェンスに到達する間に、一走の周東だけではなく打者走者の今宮までもがホームイン。5回まで1失点と好投していた左腕が、痛恨のプレーで点差を3点に広げられた。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年6月25日のニュース