トレードで西武加入の松原聖弥が入団会見「1番打者目指す」 ユニホーム間に合わず、1軍合流は後日に

[ 2024年6月25日 12:40 ]

<西・日>試合前、スーツ姿でグラウンドに現れナインにあいさつする松原 (撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 巨人からトレードで西武に移籍した松原聖弥外野手(29)が25日、ベルーナドームで入団会見を行った。24日に若林とのトレードが発表され、背番号は35に決まった。スーツ姿で会見に臨み「またチャンスがきたと思って、新天地でもう1度やってやろうという気持ち。1番打者を目指して頑張りたい」と決意を語った。

 明星大から16年育成ドラフト5位で巨人に入団し、21年には135試合に出場して規定打席に到達。打率・274、12本塁打、37打点、15盗塁をマークした実績がある。

 ユニホームが間に合わず、即1軍合流について渡辺久信GM兼監督代行は「まだです」としたが「一時期、活躍した年がありましたけど、その後はなかなか結果が出ずに本人も苦しんだと思う。やっぱり環境が変わって、変わってくる選手は今までもたくさんいますし、このトレードをきっかけに本当にもう1回レギュラーを取るぐらいの気持ちでやってほしい」と期待を寄せた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年6月25日のニュース