ドジャース“不敗神話”継続なるか ヒット打てば負けなしロハス二塁打から先制 大谷の四球後に雨天中断

[ 2024年6月25日 11:03 ]

インターリーグ   ドジャース-ホワイトソックス ( 2024年6月24日    シカゴ )

<ホワイトソックス・ドジャース>7回に二塁打を放つロハス(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 ドジャースが7回に待望の先制点を奪った。

 両軍無得点で迎えた7回、先頭・ロハスが左翼線に二塁打を放ってチャンスメークすると、1死三塁からK・ヘルナンデスの適時二塁打で先制点をゲットした。

 「5番・遊撃」で先発出場したロハスは、今季ここまで安打を打った試合は22戦全勝と負けなしの“不敗神話”を持つ。

 この日も4回の第2打席で中前打を放つと、7回には二塁打とマルチ安打をマークし、骨折離脱したベッツの穴をきっちりと埋めている。

 この回、敵失も絡め2点目を奪うと、大谷翔平は2死二塁の第4打席でストレートの四球を選んで出塁した。

 その直後に雨脚が強まり、試合は中断した。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年6月25日のニュース