ドジャース・大谷 自身初4試合連続アーチ狙う ホワイトソックスの剛球左腕クロシェット撃ちだ

[ 2024年6月25日 01:30 ]

ドジャース・大谷翔平
Photo By スポニチ

 ドジャース・大谷が24日(日本時間25日午前9時10分)の敵地でのホワイトソックス戦で、自身初の4試合連続アーチを狙う。ホ軍先発は最速100マイル(約161キロ)を誇る剛球左腕クロシェット。今季はリーグトップの124奪三振で、奪三振率12・59は両リーグトップだ。力と力のぶつかり合い。シカゴ・トリビューン(電子版)も「対決は見逃せない」と地元でも熱い注目を集めている。

 大谷は22日の古巣エンゼルス戦で自身8度目となる3試合連続アーチ。ここ7戦6発の量産態勢に「最近は打つべくして打てている」と自信をにじませている。ホ軍戦は対戦球団別で4位の通算16本塁打。敵地ギャランティードレート・フィールドでも通算6本塁打と好相性だ。6月5日のパイレーツ戦では、怪物ルーキー・スキーンズの101・1マイル(約161キロ)の直球を打ち砕いて本塁打。今度は左の剛腕を再び力でねじ伏せる。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年6月25日のニュース