阪神・小野寺がリハビリ組で練習「復帰したときに前までと違うと思ってもらえるように」

[ 2024年6月25日 13:24 ]

阪神・小野寺
Photo By スポニチ

 22日に左手首のじん帯損傷を発表した阪神の小野寺暖外野手(26)が鳴尾浜球場の2軍残留練習に参加した。リハビリ組として、ランニングなどで汗を流した。

 「良い時間にできるようにトレーニングしてできることをやっていきたい」と前を向いた。

 19日のウエスタン・リーグ、ソフトバンク戦(鳴尾浜)で三塁の守備で負傷した。

 5年目の今季は開幕1軍でスタートし、5月9日に出場選手登録を抹消された。同28日に再昇格も、ここまで13打数1安打で打率・077。結果を残せず、7日に出場選手登録を抹消されていた。

 「復帰したときに前までと違うなとレベルアップできるように頑張りたい」と力強く語った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年6月25日のニュース