×

虎党の歌手・川村壱馬 甲子園の阪神ー中日戦で始球式「コントロール“G”くらいでした」

[ 2022年6月24日 18:32 ]

セ・リーグ   阪神ー中日 ( 2022年6月24日    甲子園 )

<神・中>始球式を務める川村壱馬(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 「THE RAMPAGE from EXILE TRIBE」のメンバーで大阪府出身の川村壱馬が始球式を務めた。打席に立った大島の外角高めに大きく外れ「コントロール“G”くらいでした」と苦笑いながら、憧れのマウンドで力強い球を投げ込んだ。

 幼少期からの阪神ファン。「結構、がっつり。赤星さん、平野さん、新井さん、金本さん、矢野さん、鳥谷さんがいた、その皆さんがスタメンだった頃がめっちゃ好きでした」。現在は下位に低迷するチームには「まだ6月でシーズンも始まったばかり。皆さん毎日大変だとは思いますが、何よりもケガなく優勝を目指していっていただきたいなと思います。何目線か分かりませんが(笑い)」とエールを送った。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年6月24日のニュース