×

ソフトバンク首位再奪取! ギータ3年連続2桁弾で連敗ストップ 千賀が緊急降板も救援陣奮投

[ 2022年6月24日 21:18 ]

パ・リーグ   ソフトバンク5―1日本ハム ( 2022年6月24日    ペイペイD )

<ソ・日>初回、2ランを放つ柳田。投手・上沢(撮影・岡田 丈靖)         
Photo By スポニチ

 ソフトバンクは柳田悠岐外野手(33)の先制10号2ランなどで5点を奪い連敗を止めた。先発の千賀は違和感を訴えて5回1失点で緊急降板したが、救援陣がリードを守り6勝目。楽天が西武に敗れたため、0.5差で首位に浮上した。

 初回から主導権を握った。1死二塁から柳田が相手先発・上沢の132キロのスライダーをすくい上げ、右翼席のポール際に着弾。3年連続9度目の2桁本塁打となる10号2ランで先制点を呼び込んだ。

 先発はエース千賀。5回までは日本ハム打線を浅間の4号ソロによる1点のみに抑えた。しかし、6回にアクシデントが発生。マウンドに上がり、投球練習で山なりのボールを1球投じたところで違和感を訴え、森山投手コーチとともにベンチ裏に下がった。結局、6回のマウンドでは打者に1球も投げずに降板。それでも、後を託された救援陣がリードを守った。

 打線は2回に三森、4回に周東、6回に甲斐に適時打が飛び出すなど小刻みに加点。チームは連敗を止め、首位に浮上した。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年6月24日のニュース