×

ヤクルト・高橋 “巨人キラー”だ今季3戦3勝 強風でも「なんとか粘れた」6勝目

[ 2022年6月24日 23:00 ]

セ・リーグ   ヤクルトー巨人 ( 2022年6月24日    神宮 )

<ヤ・巨>つば九郎と笑顔でガッツポーズの(右から)高橋、中村、村上(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 ヤクルト・高橋奎二投手(25)が24日の巨人戦(神宮)に先発。6回を投げ4安打4K2失点と好投し、6勝目を挙げた。高橋はこれで巨人・戸郷、中日・柳の73奪三振を抜き、リーグトップの74奪三振。巨人戦は今季3戦3勝と“キラー”ぶりを見せた。

 中11日で上がった神宮のマウンド。試合後、高橋は「チームの状態が凄くいいので、なんとかテンポ良くと思ってたが、ちょっとテンポが悪かったのでそこが反省点」と話した。この日は強風が吹いていたが「そこは気にせず自分のピッチングをしようと思っていた。四球も多かったがなんとか粘れたのでよかった」と振り返った。

 またリーグトップの74とした奪三振数については「まだまだシーズン長いのでそこは気にせず。でも三振は取りたいので、狙っていきます」と意気込んだ。

 高橋は、初回1死走者なしでウォーカーに右前打で出塁されるも1死一、二塁の場面で4番・岡本和を一ゴロに仕留める。なお2死二、三塁で坂本を迎えたがスライダーを3球続けて投じ中飛に打ち取り無失点に抑えた。3回に連打から1死一、三塁のピンチを招き岡本和の中犠飛で1点を返されるが、4回、5回は3者凡退。6回にも1点を失ったが、打線の大量援護もあり6勝目を手にした。

 高橋はこの日まで、今季巨人戦は2戦2勝で防御率1.80。また、前回登板は12日のソフトバンク戦で、自己最多タイとなる10奪三振6安打118球の熱投で和田に投げ勝ち、レギュラーシーズン初完封。自己最多5勝目を手にしていた。チームは高橋の快投で今季2度目5連勝。交流戦を18試合制ではいずれも12球団最高の14勝4敗、勝率.778で終え、97年以来3度目となる両リーグ40勝一番乗りを達成していた。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年6月24日のニュース