慶大・広瀬逆転3ラン 春秋連覇へ視界良好

[ 2021年9月4日 15:55 ]

大学野球オープン戦   慶大6―4JR東日本 ( 2021年9月4日    慶大グラウンド )

慶大の広瀬隆太内野手
Photo By スポニチ

 リーグ戦春秋連覇へ、準備OK―。慶大・広瀬隆太内野手(2年)が1点を追う9回無死一、二塁から左越えへ逆転3ランを放った。「高めの直球だけを狙ってました」。全日本大学選手権で34年ぶりの日本一に輝いて以降のオープン戦で待望の一発。「リーグ戦前に打てて良かった」。幼稚舎から慶大に通う生粋の“慶応ボーイ”が笑った。

 昨秋の東大戦。「3番・一塁で」リーグ初スタメンに抜擢されると初回に先制2ラン。プロ注目の正木智也外野手(4年)とクリーンアップを任されるまで成長した。

 1週間後には連覇をかけた秋季リーグ戦が開幕。1年前に鮮烈デビューした東大との初戦が待ち構えている。「東大だけじゃない。他の5大学すべて打倒慶大で来るはず。でも僕らだってチャレンジャーのつもりで臨みます。メンタル含めて準備は出来てます」。広瀬が力を込めた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年9月4日のニュース