西武・おかわり 10号満塁弾!自身のプロ野球記録更新の22本目

[ 2021年8月23日 05:30 ]

パ・リーグ   西武10―3オリックス ( 2021年8月22日    京セラD )

<オ・西>満塁本塁打の記録を22本に伸ばし笑顔を見せる中村(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 西武の中村が初回無死、山崎福のチェンジアップを左翼席に運ぶ先制の10号満塁弾。自身のプロ野球記録を更新する通算22本目のグランドスラムにも「3連打で満塁だった。何でもいいので、前に飛ばそうと思って打ちました」と淡々と振り返った。

 3回に左前打、4回には左翼線へ適時二塁打を放ち、3安打5打点。三塁打を打てば自身初のサイクル安打だったが「頭の中にあったくらいで、何も気にしていないです」と笑った。

 ≪メジャー最多はAロッドの25本≫中村(西)が10号満塁本塁打。昨年10月24日ソフトバンク戦以来で通算22本目となり自身の持つプロ野球記録を更新した。この日は先発4番で初回にマーク。初回4番打者の満塁本塁打はレアード(ロ)が19年7月24日ソフトバンク戦で放って以来だが、中村は09年4月30日ソフトバンク戦に次ぎ2本目。初回4番の満塁弾2本は原辰徳(巨)が88、92年に記録して以来29年ぶり2人目、パでは中村が初めてだ。なお、満塁本塁打のメジャー最多はアレックス・ロドリゲスの25本。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年8月23日のニュース