DeNA・今永“魔の7回”中田&ウィーラーに連続被弾で同点に…東京Dでの巨人戦3連勝逃した

[ 2021年8月23日 05:30 ]

セ・リーグ   DeNA4―4巨人 ( 2021年8月22日    東京D )

<巨・D>7回1死、ウイーラー(右)に同点本塁打を打たれた今永(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 DeNAのエース今永の投球は、7回に暗転した。「中田選手には序盤から直球で攻めていてアジャストしてくるとは思った。失投ではないが、もったいなかった」。4―1で迎えた1死二塁。第3打席の中田に初球の直球を左翼席上段に運ばれた。場内が沸く中、続くウィーラーに同じく初球のチェンジアップを左越えに同点のソロ被弾。

 7回4失点で降板し、チームは18年以来となる東京ドームでの巨人戦3連勝を逃した。三浦監督は「あの場面で、うまく打たれた。中田は勝負強い打者と分かっていた」と落胆していた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年8月23日のニュース