琉球の寺原隼人コーチ 新型コロナ陰性報告 チームで15人陽性「僕個人はキャバクラにも行ってません」

[ 2021年8月23日 21:54 ]

琉球ブルーオーシャンズの寺原隼人コーチ
Photo By スポニチ

 元ソフトバンクなどで活躍した沖縄プロ球団・琉球ブルーオーシャンズの寺原隼人コーチ(37)が23日、自身のインスタグラムを更新。同チームで選手やコーチら15人が新型コロナウイルスに感染したことを発表したが、自身は陰性だったことを報告した。

 チームは22日、選手やコーチら合わせて15人が新型コロナウイルスに感染したことを発表。また、九州遠征時に、複数のコーチや選手が規律に反し、酒類の提供及び接待を伴う店を午前0時ごろまで利用する球団規律に反する行為が判明したと報告していた。

 寺原コーチは、「僕個人はキャバクラにも行ってませんし、久しぶりの福岡で家族との時間を過ごしました!PCR検査でも陰性でした」と報告。寺原コーチと誤解する声もあったのか「僕個人の行動だけを載せて申し訳ないですが、納得いく報道ではなかったので、発信しました」とつづった。

 寺原コーチはヤクルトに在籍していた19年に現役を引退。琉球の投手コーチを務めている。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年8月23日のニュース