×

盛岡大付・新井 狙い打ちの本塁打「真っすぐが来ると思っていた」

[ 2021年8月23日 05:30 ]

第103回全国高校野球選手権大会2回戦   盛岡大付4ー0沖縄尚学 ( 2021年8月22日    甲子園 )

<盛岡大付・沖縄尚学>8回2死、ソロ本塁打を放ちガッツポーズする盛岡大付・新井(撮影・河野 光希)
Photo By スポニチ

 岩手大会5試合で7本塁打の盛岡大付の強力打線が甲子園でも長打力を発揮した。

 2―0で迎えた8回に4番・小針が「スライダーに体が勝手に反応した」と左越えソロを放つと、6番・新井流星(3年)も「真っすぐが来ると思っていた」と狙い打ちの中越えソロで続いた。終盤に貴重な追加点を奪い、関口監督は「選手は2戦でまんべんなく打ってくれている」と目を細めた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年8月23日のニュース