専大松戸 深沢温存裏目…持丸監督「球数制限も考え、交代が遅れた」

[ 2021年8月23日 05:30 ]

第103回全国高校野球選手権大会2回戦   専大松戸2―6長崎商 ( 2021年8月22日    甲子園 )

<長崎商・専大松戸>2番手で登板した専大松戸・深沢 (撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 涙はない。悔いなき終戦だ。今秋のドラフト候補、専大松戸(千葉)のエース・深沢鳳介(3年)は爽やかに夏を振り返った。

 「(センバツ初戦敗退の)春からスタートして、夏にまた戻って来られた。悔いはないです」。1回戦でセンバツ準優勝の明豊(大分)相手に11奪三振で完封。「甲子園目指して練習して、ここで投げられてよかった」と満足そうに語った。

 先発した岡本陸(3年)が2点勝ち越された5回2死一、三塁から登板。初球を左前適時打され、7回も1点を失った。それでも持丸修一監督は「勝ち進んだ時の(深沢の)球数制限も考え、交代が遅れた。精いっぱいやってくれた」と成長したエースを称えた。

 進路については「まだ考えてないです」としたが、クレバーな右腕は確かな足跡を残して甲子園を去った。(秋村 誠人)

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年8月23日のニュース