ツインズ・マエケン 右前腕の張り訴え緊急降板 負傷者リスト入りか

[ 2021年8月23日 02:30 ]

ア・リーグ   ツインズ1-7ヤンキース ( 2021年8月21日    ニューヨーク )

<ツインズ・ヤンキース>5敗目を喫した前田(AP)
Photo By AP

 ツインズの前田がメジャー6年目で初登板となったヤンキース戦で右前腕の張りを訴え緊急降板した。先発で4回まで1失点と力投も5回1死から連打と死球で満塁のピンチを招いて暴投で失点。自らベンチに合図を送り負傷降板し試合も敗れ黒星を喫した。

 ロコ・バルデリ監督は前田について「1日、2日休んで投球を再開できるものではない」と軽症でないことを示唆。開幕からこの張りに対処してきたことを明かし「検査を受け、状況を見守りたい」と負傷者リスト(IL)に入れるかどうかは明言を避けた。

 開幕投手を務めた今季は故障もあって勝ち星が伸び悩み、ここまで21試合で6勝5敗、防御率4・66。チームはプレーオフ進出が絶望的な状況で今季の残りを回復に充てる可能性もある。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年8月23日のニュース