×

ホンマの二刀流!神戸国際大付・阪上 先制弾、決勝打&3失点完投「自分らしくできた」

[ 2021年8月23日 05:30 ]

第103回全国高校野球選手権大会2回戦   神戸国際大付4-3高川学園 ( 2021年8月22日    甲子園 )

<神戸国際大付・高川学園>初回1死二塁、神戸国際大付・阪上は2点本塁打を放つ(撮影・平嶋 理子)
Photo By スポニチ

 2回戦4試合が行われ、神戸国際大付は今秋ドラフト候補の阪上翔也外野手(3年)が先制2ランと決勝打を放つと、投げては3失点完投。独り舞台を演じて高川学園に逆転勝ちし、同校初の夏2勝を挙げた。

 春に悔し涙を流した甲子園で神戸国際大付の今秋ドラフト候補・阪上翔也が躍動した。打っては先制2ランと決勝打、投げては6安打3失点で完投。投打にわたる活躍で17年以来で過去最高に並ぶ3回戦進出へ導いた。

 「本塁打を打てて、9回を全部投げて抑えられてよかった。自分らしくできた」

 自らのバットで勢いをつけた。初回1死二塁から左腕・河野颯のスライダーをとらえ、右中間席へ運ぶ先制2ラン。強い浜風を切り裂く高校通算32号に「ライトフライと思ったが、入ってびっくりした」と目を丸くした。7回は同点として、なお2死二塁から外角直球を左前に運ぶ巧打で決勝点をもたらした。

 マウンドでは声を出しながらの力投。初戦は5回1失点、68球で降板したが、この日は143球を投げ抜いた。キレのある速球と変化球で8三振を奪い、9回にこの日最速の146キロを記録した。

 昨秋に右肘を痛め、治療やトレーニングを重ねた。背番号1で臨んだ選抜では不安を払拭(ふっしょく)できず、2試合とも2回途中で降板。打撃も4打数1安打と振るわなかった。再起を目指す阪上を青木尚龍監督はあえて突き放した。

 「トレーナーがつきっきりでやっていた。頼るだけでなく、投げたいのなら自分でしっかりやれと言った」

 指揮官の言葉で目覚めた。体のケアやトレーニングを自ら考え、打撃も見直した。ミート率を高めるため右足を上げるフォームからすり足に変更。コンパクトに強く叩く意識が3打点につながった。

 甲子園では05年春の3勝(4強)があるが、夏の2勝は初めて。自立した背番号9が歴史を塗り替えていく。(中澤 智晴)

 ◇阪上 翔也(さかうえ・しょうや)2003年(平15)11月1日生まれ、兵庫県伊丹市出身の17歳。小1から野球を始め和歌山・打田中では打田タイガースに所属し2年時に全国大会出場。神戸国際大付では1年春からベンチ入り。1メートル80、80キロ。右投げ左打ち。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年8月23日のニュース