×

広島・野村「天気は仕方がない」3日以来の実戦登板が降雨中止で流れるも前向き

[ 2021年8月23日 05:30 ]

<広・ヤ 雨天中止>シート打撃に登板し、佐々岡監督(左)と話す広島・野村(撮影・成瀬 徹)
Photo By スポニチ

 広島のヤクルト戦は今季7度目の降雨中止。大道と入れ替わりで昇格し、先発予定だった野村は屋内練習場で西川、林ら打者4人を相手に57球を投げた。

 2軍戦も雨で流れ、8月3日以来の実戦登板となるはずが、またもや中止。右腕は「天気は仕方がない。打者に投げられて良かった」と前向きに語った。

 次回は来週末の阪神戦(マツダ)が見込まれる。佐々岡監督は「ぶっつけ本番になるけど、切れのよい球は投げていた」と話していた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年8月23日のニュース