明徳義塾のトルネード左腕・吉村 5回1失点の好救援「落ち着いて投げられた」

[ 2021年8月23日 05:30 ]

第103回全国高校野球選手権大会2回戦   明徳義塾8-2ノースアジア大明桜 ( 2021年8月22日    甲子園 )

<ノースアジア大明桜・明徳義塾>変則投球する明徳義塾・吉村(打者はノースアジア大明桜・高橋)(撮影・平嶋 理子)
Photo By スポニチ

 明徳義塾で、トルネード投法の2年生左腕・吉村優聖歩(ゆうせふ)が好救援した。

 2―1の5回無死一、二塁で登板。右前打で満塁とされたが1死後、スクイズを三邪飛に仕留め、飛び出した三塁走者も戻れず併殺でピンチを切り抜けた。

 同タイプの日本ハム・宮西尚生を参考にする100キロ台のスライダーを駆使し、5回を3安打1失点。「一塁から代木さんに1球ごとに声をかけてもらい、落ち着いて投げられた」とエースに感謝した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年8月23日のニュース