レイズ筒香 「2番・一塁」で先発出場、3試合連続安打マーク 守備も軽快

[ 2021年3月24日 04:12 ]

レイズ・筒香(AP)
Photo By AP

 レイズの筒香嘉智選手(29)は23日(日本時間24日)、フロリダ州サラソタでのオリオールズとのオープン戦に「2番・一塁」で先発出場し、3打数1安打1三振だった。

 軟投派の右腕バルデスに対した初回の打席では2球目のチェンジアップを捉えたものの、右翼手に好捕されて惜しくも右直。3回の2打席目も同じくバルデスの前に空振り三振だった。ただ、5回の第3打席では長身右腕のグリーンに追い込まれたものの、カウント1-2から低めの難しい変化球にうまくバットを合わせて中前打。その後、6回裏の守備から退いた。

 これで筒香は3試合連続安打となり、その3戦では打率.444(9打数4安打)。16日のゲームを終えた時点では.063だった打率も.200まで引き上げた。また、適応中の一塁の守備では初回、三塁内野安打の際のショートバウンドの送球を軽々とすくい上げるなど、この日もスムーズに動く姿が見られた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年3月23日のニュース