×

東播磨 強豪に大善戦の“足技” 秘けつは「信頼関係」 福村監督も夏に手応え

[ 2021年3月23日 05:30 ]

第93回選抜高校野球大会第3日第3試合 1回戦   東播磨9ー10明豊 ( 2021年3月22日    甲子園 )

<センバツ3日目第3試合 明豊・東播磨>1回1死二、三塁、鈴木の2点適時打に喜ぶ東播磨ナイン (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 1回戦3試合があり、21世紀枠で初出場した東播磨(兵庫)は強豪・明豊(大分)と激闘を演じ、延長11回の末に9―10のサヨナラで敗れた。三塁走者が“ゴロスイング・ゴー”で突入するなど積極かつ緻密な野球を存分に発揮した。

 東播磨がチームスローガンの「走姿顕勢」を初体験の聖地で堂々と見せつけた。ヒットエンドランではない。ゴロ・ゴーとスイング・ゴーの間にある“ゴロスイング・ゴー”で3回に勝ち越し、9回には同点。甲子園常連校の明豊と互角の勝負を演じた。

 「打者の始動でスタートを切るというサイン。投手どうこうではなくて、バッターを信じて走った」

 死球の島津に代わる臨時代走で、3回1死三塁から砂川天斗の右前打で勝ち越しの本塁を踏んだ原正宗主将が説明した。スイング始動で打者の肘がゴロを打つ姿勢に下がったら、本塁へスタートを切る。瞬時に迫られる難しい判断。背景にある絆を強調した。

 「打者と走者の信頼関係が大事。こいつなら当ててくれると思えば、しっかりスタートを切れる」

 昨秋の近畿大会1回戦で今秋ドラフト上位候補の市和歌山・小園健太から奪った1点も同じ攻撃だ。鍛錬の成果をいかんなく発揮し、福村順一監督(48)は「やるべきことはできた。精度を上げてやれば、十分(甲子園に)戻ってこれるんじゃないかと思う」と手応えをにじませた。

 1週間前にへんとう炎を患ったエースの鈴木悠仁も序盤の苦投を経て、再登板した6回途中からは1失点だけに抑え、「楽しい場所だった」とうなずいた。21世紀枠の兵庫県勢として“三度目の正直”はならず初勝利は持ち越し。原は「皆さんの記憶に残るような試合ができたと思う。ここで終わりじゃないので、夏もう一回この舞台に立って野球をしたい」と胸を張った。(北野 将市)

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年3月23日のニュース