【セ順位予想】東尾修氏、広島はドラ1守護神・栗林次第で対抗馬に

[ 2021年3月23日 06:00 ]

広島・栗林
Photo By スポニチ

 【東尾修氏 1位・巨人、2位・広島、3位・阪神、4位・中日、5位・DeNA、6位・ヤクルト】

 バランスも良く、選手層も厚い。安定感のある巨人優位は動かないだろう。FA加入した梶谷、井納の存在も上積み。

 広島がどこまで迫れるか。大瀬良が復調し、2年目・森下も安定。打線も鈴木誠という柱の存在が大きい。課題はリリーフ陣だが、ドラフト1位・栗林(トヨタ自動車)が抑えとしてどこまで踏ん張れるか。オープン戦は好調だったが公式戦とは別物。1年間コンスタントに活躍できるようなら、リーグ3連覇の経験を持つ広島は対抗馬として面白い。

 阪神は藤浪に注目。ドラフト1位・佐藤輝も楽しみな存在だ。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年3月23日のニュース