新庄氏古巣の日本ハムは獲得に否定的 吉村GM「現状では考えにくい」

[ 2020年12月7日 18:20 ]

<トライアウト>トライアウトを終え、笑顔でサムアップする新庄氏 (撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 戦力外となった選手らを対象とした12球団合同トライアウトが7日、都内で開催された。阪神や日本ハムで活躍し、メッツなど大リーグでもプレーした新庄剛志氏(48)は、第4打席で左前打を放つなど、3打数1安打1四球だった。

 日本ハムの日本一に貢献した06年以来のNPB復帰はなるか、注目が集まる中、古巣・日本ハムの吉村浩GMが新庄氏について言及。「(トライアウトからの選手獲得は)現状ではない。ファイターズで活躍していた時代の新庄選手をリスペクトしている。彼がファイターズに残した功績を考えると…。現状では考えにくい」と説明した。

 また、吉村GMは、戦力外とし、育成契約を打診している宮台康平投手については「他球団で支配下選手の可能性があるんだったら(トライアウトを)やってみたいということなので、球団としては待っている状況」と説明した。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2020年12月7日のニュース