茨城高野連 夏の代替大会はベンチ20人枠撤廃

[ 2020年6月10日 05:30 ]

 茨城県高野連は水戸市内で理事会を開き、代替大会の詳細を発表した。7月11日開幕、8月4日決勝の日程で行う。従来20人だったベンチ入り枠を撤廃。背番号をつけていれば何人でも試合出場が可能となる。榎戸努専務理事は「3年生にとって最後の大会。背番号30番でベンチに入れたというだけで、本人はもちろん親もうれしいと思う」と語った。

 この日は各地方高野連で、独自の代替大会開催の方針を発表。岩手は6月29日から7月5日に地区予選、7月11日から25日に県大会を実施する。三重は7月11日~8月2日の土日祝日に開催する。和歌山は開催を決定した上で、大会の日程、運営方法については今月15日に決める。新潟も開催を決定した。愛媛は8月1日に開幕する。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2020年6月10日のニュース