球界から医療従事者へ感謝と敬意の拍手「クラップ・フォー・ケアラーズ」実施

[ 2020年5月27日 05:30 ]

医療従事者などに向け拍手を送るソフトバンクナイン(球団公式ツイッターから)

 プロ野球は26日、西武、ロッテ、ヤクルトなど10球団が練習開始前に新型コロナウイルス感染症拡大に立ち向かう医療・介護従事者らに感謝と敬意を表して拍手を送る「クラップ・フォー・ケアラーズ」を実施した。

 阪神では藤浪、伊藤隼、長坂が感染して入院。矢野監督は「タイガースもお世話になった。ほんの少しですけど、元気を送れたらなと思ってやらせてもらいました」と感謝した。DeNAの石田選手会長も「医療従事者の皆さまのおかげで多くの命が救われ、日常生活を送ることができています」と感謝し「私たちも多くの方々に元気や感動を与えられるよう、しっかり準備して参りたいと思います」とコメントした。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年5月27日のニュース