オリックスのWエース調整着々 山岡「全球種試せた」 山本「良いフォームになってきた」

[ 2020年5月27日 05:30 ]

紅白戦   紅組2-2白組 ( 2020年5月26日    京セラドーム )

白組先発の山岡は2回1失点の好投を見せる (撮影・後藤 大輝)
Photo By スポニチ

 オリックスの「ダブルエース」も開幕に向けて準備は万全だ。白組先発の山岡はスライダーやチェンジアップなど全球種を試して2回1失点。昨季13勝4敗で最高勝率のタイトルを獲得し、6・19の開幕投手が有力視される右腕は「打者と勝負というより、全球種を試せたので。あと1カ月で仕上げられるように」と目を輝かせた。

 紅組先発の山本は最速152キロを計測するなど直球主体で2回無失点。自主練習期間にフォームを改良したことを明かし「良いフォームになってきたかなと思います」と語った。

 西村監督は「(2人とも)自分が投げるところに合わせてくれたらいい」と両右腕に全幅の信頼を寄せた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年5月27日のニュース