巨人開幕投手は予定通り菅野 原監督が方針「うちには一人しかいないんじゃないでしょうか」

[ 2020年5月27日 21:56 ]

東京ドームのマウンドから投げ込む巨人・菅野
Photo By 提供写真

 巨人・原辰徳監督(61)が27日、東京ドームでの1軍練習後にオンライン取材で、今季の開幕投手を当初の予定通り菅野智之投手(30)に任せる方針を示した。「開幕投手は僕の中でももちろん変わっていない。ファンの人、周りの人が決めること。そういう意味では、うちには一人しかいないんじゃないでしょうか」と力強く話した。

 開幕の大幅な延期で過密日程となる。143試合から120試合に削減されるが、「120試合が少ない試合数とは思ってない。長丁場だと思う。山あり谷ありで越えていく」と気を引き締めた。

 先発ローテーションは当初5人を想定していたが、6人で臨むとした。「ダブル先発と考える方もいるでしょうけど、私はオーソドックスに先発ピッチャーというのは6イニング、願わくば7イニング投げてくれる。100球、110球、120球と、そのくらいは投げてくれるのが」と期待した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年5月27日のニュース