茨城・明秀学園日立の金沢成奉監督「今回は3年生だけで戦い抜きたい」 2年生に主軸投手、苦戦必至も

[ 2020年5月27日 05:30 ]

 昨秋4強入りした明秀学園日立の金沢成奉監督は「2年生に主軸投手がおり、苦戦は強いられるが、今回においては3年生だけで戦い抜きたい」と最上級生31人で大会に臨むと明かした。

 同校は前日から分散登校が始まり、選手はこの日の自主練習からユニホームを着用。青森・光星学院(現八戸学院光星)で坂本(巨人)を指導した金沢監督は「監督と一緒に最後まで高校野球をやりきりたいと言ってくれる子がほとんどだった。勝ちにこだわっててっぺんを目指す。負けていい試合はない」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年5月27日のニュース