西武・松坂 ブルペンで44球、制球良し 辻監督納得「順調じゃないかな」

[ 2020年5月27日 18:48 ]

ブルペンで投球する西武・松坂(球団提供)
Photo By 提供写真

 西武の松坂大輔投手が27日、18日からの分離練習開始後3回目のブルペン入り。44球を投げ込んだ。

 辻監督が見守る中で、1球1球感覚を確かめるように持ち球すべてを披露。制球良くカットボールを外角に決めると「開幕までの少ない時間で、しっかり状態をあげていけるように頑張ります」と笑顔を見せた。指揮官は「しっかり放れている。順調じゃないかな。これだけ投げられているというのはしっかり肩のトレーニングができているから」と納得の表情を見せていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年5月27日のニュース