西武・中村、朗希160キロに「速いよね」対戦熱望「生で体験したい」

[ 2020年5月27日 05:30 ]

チーム練習中に笑顔をみせる西武・中村(球団提供)
Photo By 提供写真

 西武・中村が、メットライフドームでのチーム練習後にオンライン取材に対応。ロッテ・佐々木朗がシート打撃で160キロを計測したことを伝え聞き「速いよね。当てにいって当たるもんじゃない。バットを短く持って、ちっちゃく振ります」と冗談めかしつつ「やっぱり生で体験したい」と対戦を熱望した。

 コロナ禍で異例のシーズンとなりそうだが「なるようになる感じ」と泰然自若。前日25日にシーズンの開幕が6月19日に正式に決まり「本塁打はいっぱい打ちたい。打点はいっぱい稼ぎたい。試合数どうこうより、凄く打ちたい」と思いは高まっている。

 1月中の自主トレで右ふくらはぎ痛を発症。当初の3月20日開幕へは手探り状態だったが、開幕がずれ込み回復する時間も得た。「終わったとき、この期間がプラスだったと思えるようにしたい」と中村。過去6度の本塁打王、4度の打点王に輝いた昭和58年生まれの36歳は「令和の怪物」との対戦にも思いをはせながら、開幕を心待ちにしている。(大木 穂高)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年5月27日のニュース