楽天“開幕大本命”則本昂、111球投げ込み 今後は「球数減らす」

[ 2020年5月27日 05:30 ]

楽天・則本昂はリラックスした表情で練習(球団提供)
Photo By 提供写真

 楽天の開幕投手の大本命・則本昂が、6・19開幕に向けてステップアップした。休養日前日の練習でブルペン入り。直球にカットボールを交えながら111球を投げ込んだ。

 「チェックポイントが多かった分、球数が増えた。ここからは球数を減らして再現性を高めていく。試合感を出しながら練習したい」。フォームの微調整を続けていたが、投げ込み期間は終了。今後は6月2日から始まる練習試合での実戦登板を意識した調整にシフトする。コンディションに問題がなければ、大役に指名される公算が高い。「(開幕まで)時間はないので、ピッチを上げないとダメ。難しいシーズンになるだろうけど、うまく対応するのがプロだと思う」と頼もしかった。(重光 晋太郎)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年5月27日のニュース