ロッテ・朗希、160キロ2K!初シート打撃で驚速「指に掛かっていい球行っていた」

[ 2020年5月27日 05:30 ]

シート打撃に登板したロッテ・佐々木朗(球団提供)
Photo By 提供写真

 ロッテのドラフト1位・佐々木朗希投手(18)が26日、ZOZOマリンで初の実戦形式となるシート打撃に登板し、プロ入り後初の160キロを計測した。打者3人と対戦し、先頭の菅野剛士外野手(27)に一発を浴びたものの、その後は連続三振を奪った。チームは30、31日に紅白戦を予定。最速163キロを誇る「令和の怪物」が実戦デビューを果たし、開幕1軍を目指す。

 令和の怪物にとって、驚く数字ではないのかもしれない。本拠地のプレスルームで行ったオンライン会見。160キロを計測したというのに、佐々木朗に興奮した様子はない。

 「打者3人だったので実際に試合で投げるより(球速の)アベレージは上がるけど、指に掛かっていい球が行っていたと思います」

 日本球界最速165キロを誇る大谷(現エンゼルス)でさえ、プロで初めて160キロを計測したのは2年目の公式戦。しかも、佐々木朗は実戦デビュー前のシート打撃である。先頭・菅野には2ボール1ストライクから157キロを右中間席へ運ばれた。打球が上がった瞬間「捕ってくれ」と願った。「カウントを悪くしてしまった」と反省もしたが、これで闘争心に火が付いた。

 1年目から遊撃のレギュラーを張る3年目の藤岡への初球、うなるような直球をド真ん中に投げ、見逃しでストライクを奪った。佐々木朗自身も「正面にスピードガンがあって目にした」と「160」の数字に気づいた。

 「今まで対戦した打者の中でおそらく一番レベルが高い。気持ちが入ったし、ホームランを打たれてさらに集中力が増した」。大船渡時代の昨年7月21日、岩手大会4回戦・盛岡四戦以来310日ぶりの大台。143キロの高速フォークで空振り、最後は再び160キロを外角へ投じ、バットに空を斬らせた。圧巻の3球三振。3月24日のフリー打撃で一発を許した福田光も155キロで空振り三振を奪った。全11球中8球が直球で、平均球速も157・5キロと驚異的だ。

 新型コロナウイルスで練習自粛中には、少年少女らのために動画でストレッチ指導も行った。心優しき18歳だが、負けず嫌いでもある。岩手から参加した公立校出身の右腕が自己最速163キロを計測したのも、甲子園経験者が並んだ昨年の高校日本代表1次合宿でのこと。反骨心だった。

 実戦デビューも見えた。30、31日に紅白戦を予定。吉井投手コーチは「(体調に)問題なければ投げてもらいたい」と明かし、6月2日以降の練習試合で対外試合デビューも果たす。開幕は6月19日に決まり、佐々木朗は「結果を出さないと残れない。課題をクリアして1軍に残れるようにしたい」と誓った。(横市 勇)

 《大谷は2年目》大谷がプロで初めて160キロをマークしたのは日本ハム入団2年目の14年6月4日広島戦(札幌ドーム)。初回、3番・丸のカウント2―2からの5球目だった。16年6月5日巨人戦(東京ドーム)で08年クルーン(巨)を抜く当時公式戦最速の163キロを記録。同年9月13日オリックス戦(札幌ドーム)では164キロに更新した。10月16日ソフトバンクとのクライマックスシリーズ第5戦では9回に救援登板。吉村の初球、本多の3、6球目とプロ野球最速の165キロを連発した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年5月27日のニュース