DeNA・山崎 約2カ月ぶりに打者との対戦「喜び、楽しさを感じました」

[ 2020年5月27日 05:30 ]

シート打撃に登板するDeNAの山崎(球団提供)
Photo By 共同

 DeNAの守護神・山崎は開幕が6月19日に決まり「明るい目標ができた。日本全体が苦しい状況にある中で明るいニュース、楽しさやワクワクした気持ちを届けられたら」と気持ちを新たにした。

 26日はシート打撃に登板。約2カ月ぶりの打者との対戦で4人に投げ、3安打を許したものの「最初はこんなもんかなという感覚。野球ができる喜びを改めて感じたし、打者と勝負できる楽しさを感じました」と充実の表情を浮かべた。

 当面は無観客開催となり、代名詞の「ヤスアキジャンプ」でマウンドに上がることもできない。それでも「寂しさはあるが、いい結果を報告できるようにしたい。新しい応援方法も生まれればいいなとは考えています」と前向きに話した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年5月27日のニュース