大谷所属のエンゼルス 本拠地とマイナー施設開放

[ 2020年5月27日 02:30 ]

エンゼルス・大谷
Photo By スポニチ

 エンゼルスタジアムとキャンプ地アリゾナ州テンピのマイナー施設を選手に開放したと地元紙オレンジ・カウンティー・レジスター(電子版)が報じた。

 メジャー40人枠の選手が対象でグラウンドと室内の利用は同時に4人までに制限。キャンプ再開についてビリー・エプラーGMは「(同球場での実施が)好ましい」とした。同球場では一昨年に右肘手術を受けた大谷が以前からリハビリ組として特定で利用を許可されており、投球練習を行うなどしている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年5月27日のニュース