阪神ドラ2・井上 虎党歓喜プロ4号!中日・石川昂との同学年甲子園V対決燃えた

[ 2020年3月21日 05:30 ]

2軍練習試合   阪神4-12中日 ( 2020年3月20日    ナゴヤ )

阪神・井上            
Photo By スポニチ

 同学年のライバルの前での豪快な一発だった。阪神・ドラフト2位の井上が2軍の中日戦(ナゴヤ球場)でプロ4号。中日の同1位・石川昂に見せつけた。

 「完璧でした。エラーで吹っ切れたというか、開き直れたので、自分らしいスイングができた。ライバル心とか意識とかはしなかったですけど、すごいなとは思いました」

 4番・右翼で先発し、3点を追う4回2死無走者で左腕・笠原の真ん中直球を左翼席へ。9回にも先頭で右前打を放ってマルチとした。本塁打を打つ直前の3回の右翼守備では、石川昂の飛球を一度グラブに入れながら落球。風が強かったが「打球の目つけとか、今後は風も想定していきます」と言い訳にはせずプロ初失策を素直に反省した。

 プレーボール前に、グラウンドで石川昂から「よろしくな」と声をかけられた。石川昂は昨春の選抜を制した東邦の4番打者。夏を制した履正社の4番が井上だった。ともに高校球界を代表するスラッガーだが、プロになってもその関係に変わりはない。石川昂も6回に2点中前打を放って対抗した。

 平田2軍監督からも「お互い切磋琢磨(せっさたくま)してね。同級生のいいライバルとして、チームだけで競争していては困るから」とハッパをかけられた。近い将来、それぞれのチームの主軸となっているだろう。本当の勝負はそのときだが、負けるつもりはさらさらない。(長谷川 凡記)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月21日のニュース