阪神・秋山 開幕ローテ入り大前進の5回零封、ピンチで村上斬り

[ 2020年3月21日 16:06 ]

練習試合   阪神―ヤクルト ( 2020年3月21日    神宮 )

<練習試合 ヤ・神>5回から2番手で登板した秋山(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 開幕ローテーション入りを狙う阪神・秋山拓巳投手(28)が好投でアピールに成功した。ヤクルト戦の2番手で登板し5回を2安打1奪三振無失点。7回2死一、三塁のピンチでは4番・村上に対してスリーボールからカウントを立て直して、最後はフォークで二ゴロに仕留めるなど要所も締めた。

 前回13日のオリックス戦(京セラドーム)でも先発で5回無失点と快投するなどキャンプ終盤から着実に結果を残し続ける右腕。枠を争うライバルの中田がこの日、先発で4回6失点と精彩を欠いただけに際立つ投球だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月21日のニュース