ソフトB・上林「めちゃめちゃ痛かった」死球の痛み耐え二盗&2点打

[ 2020年3月21日 05:30 ]

練習試合   ソフトバンク4-2ロッテ ( 2020年3月20日    ペイペイD )

ロッテとの練習試合の6回1死一、二塁、右線に適時三塁打を放った上林(撮影・中村達也)
Photo By スポニチ

 ソフトバンク・上林が痛みに負けじと、タイムリー三塁打を放った。2回の第1打席では背中に死球を受けたが、直後に二盗に成功。2―1の6回2死一、二塁では右翼線を破る2点打を放ち「(死球は)めちゃめちゃ痛かった。くっきりボールの痕が付いていました。(三塁打は)フェアゾーンにいけば方向はどこでもいい」と振り返った。

 「7番・一塁」で先発出場した栗原は、2安打1打点をマークした。1―0の2回1死二塁では追い込まれながらも中前適時打。5回には右前打を放ち「一日一本を目標にしている。ボールの見え方、バットの軌道は良くなってきたかなと思う」と振り返った。工藤監督は「自分なりに考えてやっている。少しずつ(調子は)上がってきている」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月21日のニュース