西武・山川 3安打3打点「“今日開幕だったら”と思った」3安打の森も同じ思い

[ 2020年3月21日 05:30 ]

練習試合   西武5-2日本ハム ( 2020年3月20日    メットライフD )

日本ハムとの練習試合の4回2死一、二塁、左前適時打を放った山川は笑顔を見せる(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 開幕なら主役だったのに…。西武の4番・山川が適時打2本を含む3安打3打点で勝利に貢献し「“今日開幕だったら”と思った。練習試合だから打てなくていいなんて思わない」と力強く話した。

 2年連続本塁打王らしい豪快な一発は出なくても、存在感を放った。初回無死満塁で有原から中堅フェンス付近へ飛ばす先制犠飛。「シンプルに打てて一番うれしかった」と振り返り、3回は左中間適時二塁打、4回にも左前適時打を放った。

 今季の目標は確実性を上げ、4番として勝利に貢献すること。「去年までは(スイングが)“ホームランッ”だった。今年は“はいっ”という感じで力が抜けている」とコンパクトにしたスイング動作を交えて表現した。

 18、19日には自宅の部屋を掃除。「奥さんに“何やってんの?”と言われた」と苦笑いも、本来なら20日だった開幕へ身を清めた。「感染リスクが高い行為」で自粛したはずの「どすこい」ポーズも無観客での試合が続くとあって「もうどうするか分からない」と解除を示唆した。(大木 穂高)

 《森も3安打で同じ思い》○…3番・森も3安打を放ち「今日開幕だったらいいのに」と山川と同じ思いだった。3回先頭の打席では日本ハム内野陣4人が遊撃から右翼方向を固める「森シフト」を取る中、誰もいない三塁方向へ流し打つ技ありの左前打を放った。「去年からシフトを取られていた。今日は追い込まれてから(三塁方向を)“狙ったろ”と思った」と笑った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月21日のニュース