明大のドラフト候補・入江 今季初先発で4回途中1失点、痛めた右手首は問題なし

[ 2020年3月21日 15:41 ]

オープン戦   明大3―2日大 ( 2020年3月21日    明大G )

明大・・入江
Photo By スポニチ

 今秋のドラフト候補、明大の入江大生投手(新4年、作新学院)が日大とのオープン戦で初先発。60球メドのため4回1死まで投げ3安打1失点だった。

 15日の国際武道大戦で中継ぎとして初登板。先発としては初とあって7球団のスカウトがネット裏に陣取った。この日はストレートがMAX148キロ止まりで3回には長短打で1点を失うなど、ちょっと物足りない内容。1月の練習中に右手首を痛めたため、本格的な投げ込みができていない影響があった。「きょうは手首のことを気にせずに投げられました。ただ球が浮いてましたね」としっかり反省。開幕投手本命の右腕はこれからしっかり仕上げていく。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月21日のニュース