取材制限の記者のため…巨人・原監督の神対応に感謝

[ 2020年3月21日 07:00 ]

巨人・原監督
Photo By スポニチ

 【記者フリートーク】担当記者に対する巨人・原監督の心配りが身に染みる。8日の甲子園での試合前練習は室内練習場で行われた。通常、ロッカーから球場内の通路を3分ほど歩いて向かう。現在密閉された空間での取材はできないため遠巻きに移動を見届けていると、「今日はこっちから行こうかな」と球場正面から屋外に出た。

 復帰した昨年は一度も使わなかった出入り口から外に出て「一生懸命走っていたよ」と名古屋ウィメンズマラソンの話をしながら歩いた。進路を変更した理由は口にしなかったが、原監督の優しさだと思う。4日の札幌ドームでは、取材制限に慣れない報道陣の方に自ら歩を進め、今後の投手陣の起用法を明かした。身近で接する我々は体調管理に最大限注意し、指揮官の信頼に応えなければならない。(巨人担当・神田 佑)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月21日のニュース