オリックス・ドラ3村西 近大「サイバー卒業式」出席

[ 2020年3月21日 14:16 ]

近大のサイバー卒業式に出席後、女子学生と記念写真に納まるオリックスドラフト3位の村西良太
Photo By スポニチ

 オリックスのドラフト3位・村西良太投手(22)が21日、近大の「サイバー卒業式」に出席した。

 新型コロナウイルス感染拡大のため、短期大学部も合わせて約8000人の卒業生のうち、学長賞受賞者など15人のみが出席しYouTube Liveとニコニコ生放送による生配信という異例の卒業式となったが、会場のホールの外には卒業生がズラリ。体育特別賞を受賞した右腕は「久々に見る顔もいたので、出られてよかった」と仲間たちと旧交を温めた。

 大学4年間の一番の思い出には「僕が投げて神宮行きを決めた瞬間」と18年秋の明治神宮野球大会関西地区代表決定戦で救援し、3回を完璧に抑えて神宮行きの切符をつかんだ関西国際大戦を挙げた。

 11日の中日とのオープン戦で初先発し5回3失点。2度目の先発となった18日の阪神との2軍練習試合では主力を相手に3回無失点と、開幕ローテ入りが現実味を帯びてきた。「環境が変わって、すごく運がいいというか、レベルアップできている実感がある。野球部の仲間にも『ローテつかめよ』と言ってもらったので、チャンスをつかみたい」と力を込めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月21日のニュース