「ぺー、頑張れ」大島康徳さんが“がん友”北別府さんにエール「妻が奥様にお身体に気をつけてと…」

[ 2020年3月21日 19:37 ]

元プロ野球選手の大島康徳氏
Photo By スポニチ

 元日本ハム監督で野球解説者の大島康徳さん(69)が21日、自身のブログを更新。抗がん剤治療中の元広島エースで解説者の北別府学さん(62)と奥さんにエールを送った。

 大島さんは2017年2月にステージ4の大腸がんを患っていることを公表し、仕事をしながら現在も闘病中。一方、広島のエースとして通算213勝を挙げ、今年1月20日に成人T細胞白血病を患い療養に入ることを公表した北別府さんは現在入院して抗がん剤治療中だ。

 北別府さんが病気を公表した6日後には「北別府学さんへ」とのタイトルで「ぺー!大丈夫だ!俺達の身体は強い!信じていい。野球に鍛えてもらったおかげだな」とエールを送り「俺ら、がん友。共に頑張ろう!」とメッセージをつづっていた大島さん。この日は「北別府学さんへ2」のタイトルでブログを更新すると「抗がん剤治療頑張っていますね。妻からブログの内容を時々教えてもらっています」と書き出した。

 そして「善(よ)くなることだけをイメージして頑張ろう!野球に鍛えてもらった我らの強い身体を信じよう!ぺー、頑張れ」と再びエール。「頑張った先には明るい未来が待っているのだから」と続けた。

 また、北別府さんが17日のブログで「家内が凄いことに」「声をかけても反応なし」「爆睡中(笑笑)」と看病に当たっている奥さんが机にもたれかかった“凄い”姿勢で爆睡する様子を隠し撮りした写真をアップし「この格好になって30分経ちます。ずっと眺めていますが、感謝の文字しか浮かんできません」とつづったことにも触れ「ぺーはうちの奥さんから言わせたら優しいそうだ。病室で居眠りしてしまった奥さんに“優しい眼差しを向けられるから”だそうだ。私だったら“風邪引くぞ!”とすぐに起こし“家に帰って寝なさい!”と言っていると(笑)その通~り!(笑)」とちゃめっ気たっぷりにつづり「追伸 妻が奥様に“よろしく”と“お身体に気をつけて”と申しております」と締めくくった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月21日のニュース