DeNA・今永 万全アピール、2回無失点 カーブ多投で寄せ付けず「また一から段階踏んでいければ」

[ 2020年3月21日 18:52 ]

練習試合   DeNA0―8巨人 ( 2020年3月21日    東京D )

<練習試合 巨・D>力投するDeNA2番手の今永(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 DeNAの開幕投手に内定している今永昇太投手が2番手で登板。2回1安打無失点と万全をアピールした。

 本来なら開幕戦の相手だった巨人を相手に、1イニング目は丸をカーブで空振り三振に仕留めるなど三者凡退。2イニング目となった5回、先頭のパーラに左翼線二塁打されたが、後続を断った。カーブを多投して幻惑し、強力打線を寄せ付けなかった。「(捕手の)伊藤光さんから今日は何でも対応してくれと伝えられていた。いろんな球種に対応できるようにしていて、それが出せてよかった」と振り返った。

 開幕日は不透明だが「本来は昨日、その日のために12月から準備してやってきて、こういう形にはなったが、やろうとしたことはいい方向に向かっている。それが分かったので十分」と頼もしい。「ここからイニング数を増やして、また一から段階を踏んでいければ」と先を見据えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月21日のニュース